ペンギンの話

ペンギンのことをつらつら書いていきます。

ペンギン思い出話

私がペンギンを好きになったのは、小学生の頃である。きっかけは、日本のペンギン研究の第一人者であった青柳昌宏先生の本『ペンギンたちの不思議な生活』(講談社)を読んだこと。講談社ブルーバックスという堅めのレーベルから出版され、学術的な正確さが…

「ペンギントークwithちく☆たむ」について思うこと。

東武動物公園では現在、「けものフレンズ」とのコラボレーションイベント「東武ジャパリパークへシュッパツシンコウ」が開催されています。その一環として今日(4月20日土曜日)に、「やまだおにいさん、さくらいおねえさんのペンギントークwithちく☆たむ」…

『けものフレンズ2』は『けものフレンズ』を否定しているのか。

『けものフレンズ2』(以下、「2」と表記します)の物語の特徴として、フレンズのつく嘘やフレンズ同士の対立など、「フレンズそのものの振る舞い」がキュルルの旅を妨げる障壁となって現れる点が挙げられます。毎回キュルルたちがフレンズたちの振る舞いに…

キュルルの叫び、“大好き”の力

前回の記事で『けものフレンズ2』について比較的否定的なことばかり書いたような気がするので、「よいところ」についても触れておきたいと思います。 『けものフレンズ2』の最終話では、とても印象的なシーンがありました。 自分の描いた絵によってパークに…

けものフレンズ2の感想

アニメ『けものフレンズ2』が最終話を迎えました。ひと段落ついたところで、私の感想を書き留めておきたいと思います。 放送期間中、私は最新話の放送を楽しみにしていましたし、作品のなかからいろいろないいところを見つけることができました。「人と動物…

博物館へ行こう。

私はずっと、首都圏で暮らしてきた。 首都圏には、大きな動物園や水族館がたくさんある。世界三大珍獣(オカピ、ジャイアントパンダ、コビトカバ)がすべて揃っている上野動物園や、リカオン、オセロット、キノボリカンガルーなどほかでは見られない動物を多…

加速装置としてのけものフレンズ

『けものフレンズ』には、動物に関する情報の流通を加速・増大させるはたらきがあると思うのである。それが、このコンテンツのいいところのひとつだと感じている。