ペンギンの話

ペンギンのことをつらつら書いていきます。

葛西臨海水族園のペンギン

葛西臨海水族園は、江戸川区葛西臨海公園内にある水族館です。47の水槽に、約650種の生物が展示されています。リニューアルしたサンシャイン水族館すみだ水族館など多くのライバルを抑え、都内でももっとも多くの来場者数を誇っています。

展示の目玉は、何と言っても巨大なドーナツ水槽の中を泳ぎ回るクロマグロたちでしょう。2014年に、突然の大量死によって壊滅状態となりましたが、現在では元のように、元気に泳ぎ回るクロマグロの姿を見ることができます。餌やりの時間に、水槽上部から投入される餌に向かって魚雷のように突進していく姿は迫力満点です。水槽の前には「アクアシアター」と名付けられた観覧席が設けられており、座ってゆっくり観察することもできます。

そのほか、南極の魚類の展示にも力を入れており、世界初のジャノメコモリウオの展示、飼育下での産卵に成功しています。展示生物の多くが、(南極のものも含めて)飼育員の手によって現地採集されたものであるという特徴もあります。

ペンギンの展示も、国内では最大級の規模を誇ります。陸場も水場もたっぷりとスペースが設けられ、のびのびと暮らすペンギンたちの姿を見ることができます。

飼育されているのは、フンボルトペンギン、コガタペンギン、オウサマペンギン、ミナミイワトビペンギンの4種類。屋内展示設備がないため、春から夏にかけては暑さに弱いミナミイワトビペンギンとオウサマペンギンは展示休止となってしまいますが、冬の間は4種類すべてを観察できます。特にコガタペンギンは、関東圏でお目にかかれるのはここだけです。オウサマペンギンも、冬の間だけではあるものの、ガラス越しでなく観察できる施設は関東では貴重といえるでしょう。ミナミイワトビペンギンも、20羽を超える数を飼育・展示している施設はなかなかありません。そしてなんといってもフンボルトペンギンの多さ! 餌やりの時間に、フンボルトペンギンの大群が餌めがけて殺到する様子は、クロマグロに勝るとも劣らない迫力です。

ただたくさんいる、というだけではなく、種の保存のための活動にも力を入れており、ミナミイワトビペンギンについては自然繁殖だけでなく、大阪・海遊館の人工授精の研究に協力するなど、さまざまな取り組みを行なっています。

おしゃれなペンギングッズがたくさん売られているところもよいですね。

一押しの水族館のひとつです。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

コガタペンギン

コガタペンギン

ミナミイワトビペンギン

ミナミイワトビペンギン

オウサマペンギン

オウサマペンギン

youtu.be

 

www.tokyo-zoo.net

twitter.com