ペンギンの話

ペンギンのことをつらつら書いていきます。

海遊館のペンギン

海遊館は、大阪市天保山にある世界最大級の水族館です。現代の水族館では強度の高いアクリルガラスを使用した大型水槽が定番ですが、そのはしりとなった水族館でもあります。建物の中央に設置された水量5400立方mの「太平洋」水槽には世界最大の魚類であるジンベエザメが飼育され、沖縄美ら海水族館のリニューアル以前はジンベエザメといえば海遊館というイメージがありました。飼育動物の繁殖にも力を入れており、日本で初めてのツメバゲリの繁殖や、人工授精によるミナミイワトビペンギンの繁殖に成功したりと、さまざまな実績を作っています。また、バイオロギングによるジンベエザメの回遊経路調査や大阪湾に生息するスナメリの調査など、研究活動にも力を入れています。

ペンギンは4種、「南極大陸」の水槽にオウサマペンギン、ジェンツーペンギン、アデリーペンギンが、「フォークランド諸島」の水槽にミナミイワトビペンギンが展示されています。

オウサマペンギン

オウサマペンギン

アデリーペンギン

アデリーペンギン

ジェンツーペンギン

ジェンツーペンギン

ミナミイワトビペンギン

ミナミイワトビペンギン

www.kaiyukan.com

twitter.com

www.youtube.com

www.instagram.com