ペンギンの話

ペンギンのことをつらつら書いていきます。

人とペンギンの関わりがわかる本

 ペンギンといえば南極、という世間のイメージは、まだまだ根強い。一般向けのグッズなどでは、多くの場合、ペンギンが氷山とともに描かれている。

だから、ペンギンのことを調べてみようと思った人がまず驚くのは、「ほとんどのペンギンは南極にはいない」ということかもしれない。

基本的には寒冷な地域に生息する鳥であるけれど、実際のところ、南極の大陸部で営巣するペンギンは、コウテイペンギンアデリーペンギンの2種だけである。ほとんどのペンギンは、より緯度の低い亜南極の島々で営巣しており、フンボルトペンギンのように温帯域、ガラパゴスペンギンのように赤道直下で営巣する種さえある。南極のペンギンは、むしろ例外的と言える。

となると、すぐ頭に浮かぶのは、次のような問いだろう。

ならば私たちはなぜ、そしていつから、ペンギンは南極の生き物だと錯覚していた?

そのような、人間とペンギンの関わりについての疑問に答えてくれるのが、上田一生著『ペンギンは歴史にもクチバシをはさむ』(岩波書店)である。この本では、人間がペンギンとどのようにして出会い、どのように接してきたのか、その歴史が6000年ほど遡ったところから語られる。古代の人々はどのようにペンギンをとらえていたのか。はじめて西洋人に発見され、名前の付けられたペンギンはどの種だったのか。「ペンギン」という名前の由来は何か。世界ではじめて、動物園でペンギンが飼育されたのはいつか、それは何ペンギンだったのか。日本の動物園ではじめてペンギンが飼育されたのはいつで、何ペンギンだったのか。近現代の人々は、ペンギンをどのように利用してきたのか。そして、「ペンギンといえば南極」というイメージは、いつどこで生まれたものなのか。インターネットで調べてみてもイマイチ要領を得ないような事柄まで、膨大な史料をもとに解説されている。ペンギンに関する歴史的な疑問の多くは、本書を読むことで氷解することだろう(少しほのめかしておくと、「ペンギン=南極」のイメージは、動物園の展示に革命をもたらしたさる人物の「やりすぎ」に起因している。そしてそれ以前には、ペンギンは現代のような「自然に近い」形で展示されていることもあったようだ)。

人間と野生動物との関わりを記した書物の多くと同様に、本書にも読むのがつらい部分が含まれる。大航海時代から20世紀初頭にかけて、人間がペンギンに、そして「元祖ペンギン」であるオオウミガラスに対して行った仕打ちは、とても冷静に受け止められるものではない。しかし、それらの記述も、私たちがこれからペンギンたちとどのように関わっていくべきなのか考えるうえで、重要なヒントとなってくれるはずである(むしろ20世紀初頭という早い段階から、生物の持続的利用を達成していた人物がいること、ペンギンを保全する機運が高まっていたことを、意外に思う人もいるかもしれない)。

ペンギンについて、生物学的に解説する本は数多くある。しかし、本書のように、ペンギンに的を絞って歴史的、文化的側面からアプローチした本はほとんどない(和書でいえば、川端裕人著『ペンギン、日本人と出会う』(文藝春秋)くらいであろう)。刊行が2006年であるため、近年の動き(すみだ水族館の開館、サンシャイン水族館のリニューアル、けものフレンズなどなど)はカバーしきれていないけれど、貴重な本であることは間違いがないと言える。児童文学などのフィクションの中でペンギンがどのように扱われてきたかなど、オタクにとって嬉しい情報も豊富だ。

ペンギンについてより詳しく知りたいという方には、オススメの1冊である。

ペンギンは歴史にもクチバシをはさむ

ペンギンは歴史にもクチバシをはさむ